2020年12月07日

ふろふき大根と簡単アレンジ

皆さまこんにちは。

冬の気配がしてきましたね。
朝起きるのが辛くなっていく。。。泣


そして冬の代表格と言えば大根!
今年は早くから大根がスーパーで安くないですか??
更に色んな方から頂いたり。

有難い〜。

こんな時は美味しく(飽きずに笑)たくさん食べられるレシピはいかがでしょう。

DSC02145.JPG

今回はふろふき大根を活用する3つのレシピをご紹介します。
写真が多くて見づらかったらごめんなさい。


まずは、簡単ふろふき大根を作っていきます。

<用意するもの>
・大根 お好きなだけ
spoon だし(鰹) 大根が浸る量
(今回は大根1本に出汁1袋500ccで作っています)

味噌だれ
味噌(白、普通、赤なんでもOK) 大さじ3
・砂糖 大さじ4〜5
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ1


<作り方>
1、大根を好きな大きさに切り(今回は4センチほどの厚みにしています)、皮を剥きます。
桂剥きや十字の切り込みはお好みで。
DSC02098.JPG

A圧力鍋に出汁と大根を入れ、圧力を8分かけ、放置しておきます。
(ご家庭の圧力鍋で違うと思うので調整してくださいね)
DSC02099.JPG

Bその間に、味噌だれを作っていきます。
鍋に材料を全て入れ、火にかけます。
DSC02100.JPG


C中火で沸騰したら、弱火にし煮詰めていきます。
DSC02102.JPG


お好みの濃さに。冷めるとしっかりとろみがつきます。
DSC02103.JPG


ここで一旦完成!
ふろふき大根のまま楽しみたい方はこのまま味噌をかけて召し上がれますぴかぴか(新しい)
使用している味噌はspoonで取り扱っているもの。
生きた糀をたくさん摂ることの出来る手づくり味噌です。
ファンの方も多く、味噌キットも取り扱っていますので気になる方は店頭で声をかけてくださいね。

ちなみに、今回は白味噌を使いました。
糀の量が1番多いため、香りがとても良く、少し甘めの仕上がりです。


さて、ここからはふろふき大根のアレンジです。

@ふろふき大根をフライパンで焼きます。
表面の水分が飛び、香ばしくなります。
DSC02118.JPG


味噌だれをかけて。。
上に飾っているのは金柑です。
(このメニューは実はspoon de 幕の内に入れさせてもらいましたよ〜)
DSC02132.JPG


さて、次は揚げ出し大根。

<追加で用意するもの>
・片栗粉 適量

@ふろふき大根を4等分し、表面の水分を少し拭き取り、片栗粉をまぶします。
DSC02121.JPG


Aフライパンに多めの油を入れ、揚げ焼きにします。
中の大根はしっかり火が通っているので、表面がカリッとすればOKです。
DSC02122.JPG


Bまほうつゆをお好みの濃さに薄め、大根の上からかけて完成!
ジュワッと熱々!新感覚ですよ〜。
DSC02133.JPG


最後は和風大根マーボーです。

<追加で用意するもの>
・豚ひき肉 150g
・砂糖  大さじ1
・酒   大さじ2
・醤油  大さじ2
・みりん 大さじ2
・片栗粉 適量


@フライパンで豚ひき肉を炒めます。
炒まったら、調味料を入れます。
DSC02119.JPG


Aふろふき大根を好きな大きさに切って入れ、水150CC(分量外)も入れます。
煮たったら5分ほど弱火で煮込みます。
DSC02120.JPG


B水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成。
DSC02141.JPG


ごはんにもぴったりです。
DSC02148.JPG


spoonで人気の一味も一緒に。
DSC02144.JPG



ふろふき大根にしておくことで、大根自体にしっかりお出汁の味。
その他のアレンジもあっという間に美味しく出来ちゃいます。
大根がたくさんある時の消費レシピとしてもお勧めですレストラン


是非作ってみてくださいね。


*********************
<今回の調味料>

堺味噌


糀ぎょうさん味噌


まほうつゆ

posted by Spoon at 15:16| ほっこりおうちごはん

2020年11月09日

スキレット de 和キッシュ

皆さまこんにちは。

先日開催された”旬彩 はや斗”さんによるイベントにご参加ありがとうございました。
終始、和やかに、そして盛り付けられたお弁当はどれもとても華やかでした。

一つ一つ、丁寧に仕込んである食材はお節料理のような豪華さ。
DSC01992.JPG


デモンストレーションを交えながらのひと時。
料理長逸見さんによる調理をしながらのトークはとてもユニークで流石でしたぴかぴか(新しい)
DSC01994.JPG


詰め方も教えて頂きながら、皆さん真剣にお弁当を彩っていましたよ〜。
DSC02011.JPG

参加された方から「とても楽しかったです」とたくさんのお声をいただき、嬉しい限りです。
また新しいイベントも企画していきますので、楽しみにしていて下さいね。



さてさて、今月のspoonオリジナルレシピは「スキレットde 和キッシュ」です。

以前spoonの料理教室でも使用したニトスキは持っていらっしゃる方も多いはず。
そのスキレットを使って簡単出来るキッシュの紹介です。
豆乳を使用し、とても優しい味わいになっていますので、子どもから大人まで幅広く楽しんで頂けると思います!

DSC02044.JPG

<用意するもの>
ニトスキ(19センチのもの)
・玉ねぎ 1/2個
・エビ 6〜7尾
・じゃがいも 1個
・桜エビ 10g
・チーズ お好きな量
・調整豆乳 350ml
・卵 2個
まほうだし 大さじ1と1/2
・塩 小さじ1/2

<作り方>
@材料を下ごしらえします。
玉ねぎ→薄くスライスします。
エビ→殻を剥き、背わたを取り、半分に切ったら塩をします。
じゃがいも→皮を剥き、ラップで包んでレンジで温め(600Wで2分ほど)厚めの輪切りにします。

DSC02030.JPG


Aフライパンにオリーブオイル(分量外)を入れ、玉ねぎを中火でじっくり炒めます。
玉ねぎの甘みを引き出すため、透き通るまで炒めてくださいね。
DSC02031.JPG

B玉ねぎは一度取り出しておきます。
同じフライパンにオリーブオイルを少し追加し、桜エビを弱火で香りが出るまで炒めます。
DSC02032.JPG

Cエビを入れ、表面が色付くまでサッと焼きます。
DSC02033.JPG

Dじゃがいもと取り出していた玉ねぎを入れ、塩をしてサッと炒め合わせます。
DSC02034.JPG

Eスキレットに具材を入れます。
DSC02037.JPG

F豆乳、卵、まほうだしを混ぜます。
DSC02036.JPG

G7の液を流し入れ、チーズを乗せます。
180度のオーブンで30分焼いたら完成!
DSC02040.JPG

熱々、トロふわのキッシュが出来上がりレストラン
DSC02041.JPG

桜エビのいい香りが食欲をそそります。
DSC02047.JPG

お皿に取り分けて。
DSC02050.JPG

香りも食感も楽しいキッシュ。
難しいパイ生地は使わず、スキレットで簡単に仕上げてみました。

ちなみに我が家では子どもたちが競争してあっという間の完食でした 笑

ほうれん草を入れたり、魚介を増やしたり、アレンジも色々出来ると思うので、寒くなってきたこの季節に是非熱々のスキレットで作ってみてくださいね。

<今回の調味料>

まほうだし

posted by Spoon at 08:00| オリジナル レシピ

2020年10月26日

ポークソテーと秋野菜のバルサミコソース添え

皆さまこんにちは。

いつもspoonにご来店下さりありがとうございます。

レジの横に置いてあるレシピも商品と一緒に手にとって下さる方も増え、とても嬉しく思います。

spoonで取り扱っている商品を「こんな使い方もあったんだ〜」という新発見と共に食卓が豊かに彩られることを目指しながら私達もレシピ作りをしています。

ブログの方でも色んな調味料を組み合わせてお役に立てるレシピを配信していますので、ご覧になってくださいね。

さて、今回のレシピは「ポークソテーと秋野菜のバルサミコソース添え」です。

DSC01945.JPG


長い熟成期間を経て出来上がる、深いコクと甘みがとても美味しく、トロッと濃度の濃いこのバルサミコはファンも多い一品です。

そしてこのバルサミコと相性の良い、クラッシュハラペーニョのピクルス

こちらも酸味とピリッとくる辛さのバランスが絶妙です。

この2つで作りあげるソースをどうぞ参考になさってください。


DSC01940.JPG



<用意するもの>
・豚ロース(トンカツ用) お好みの量
・塩糀 豚肉の3%の量
・胡椒 少々
・お好みの秋野菜 お好みの量
・添えの野菜 お好みの量
・バルサミコ酢と醤油 今回は3対1の分量で仕上げています
・クラッシュハラペーニョ お好みの量


<作り方>
@豚肉の下処理をする。
ここで使うのは、塩糀の粉末タイプ
これを豚肉の3%分振りかけて揉み込んでおきます。
ここでは一緒に胡椒も揉み込んで。
30分〜1時間ほどでしっかりと中まで浸透しお肉がしっとりと柔らかくなります。
(この塩糀は色んなお肉や魚にも使えるのでとても重宝します)

DSC01912.JPG


DSC01914-4ae2b.JPG


A薄力粉(分量外)をお肉にまぶします。
DSC01916.JPG

B少し多めのオリーブオイル(分量外)をフライパンに敷き、お肉を置いてからフライパンに火をつけます。
強めの中火で両面を焦げないように焼いていきます。
DSC01918.JPG


C焼けたお肉を取り出したら、フライパンに残った油をサッと拭き、バルサミコと醤油を入れます。
軽く沸騰したらソースは完成。

D秋野菜は素揚げをして、塩(分量外)を軽く振っておきます。

DSC01927.JPG


Eお皿に盛り付けたら、最後にソースと、ハラペーニョピクルスをかけて完成!


DSC01939.JPG

素揚げした秋野菜にもソースを絡めていただきます。

DSC01935.JPG


ボリュームのあるワンプレート、是非作ってみてくださいね。

DSC01945.JPG



<今回の調味料>

バルサミコ酢
バルサミコ酢

塩糀パウダー
塩糀(粉末タイプ)

クラッシュハラペーニョピクルス
クラッシュハラペーニョ
posted by Spoon at 15:54| オリジナル レシピ

2020年09月26日

spoonだしde 肉巻きおにぎり

皆さまこんにちは。

朝晩は気温も下がり、秋らしくなってきましたね。

コロナ禍で気持ちは例年通り、、とはいきませんが、爽やかな風が吹き始めるこの季節、お弁当持ってお出かけしたくなりますね。

DSC01725.JPG

今回ご紹介するのは、spoonで販売しているお出汁を使ったレシピです。

美味しいという声を沢山頂いていますが、鰹をベースに厳選した5つの原材料を使用し、本格的な旨味を香り高く、奥深い味わいに仕上げたものになっています。
そして、美味しい出汁は破って使っても美味しいんです!

というわけで、お出汁の味が前面に引き出された「肉巻きおにぎり」をご参考になさってくださいぴかぴか(新しい)
途中、便利なレシピも登場しますよ〜。


<用意するもの>
・お米 3合
・spoonだし(鰹) 1袋
・醤油 大さじ2
・みりん 小さじ1 
・豚ロースしゃぶしゃぶ用 400グラム
仕上げ用調味料 (今回は2回に分けて使っています)
・砂糖 大さじ4
・醤油 大さじ4
・みりん 小さじ1


<作り方>
1、洗ったお米を炊飯器に入れ、破った出汁の中身、醤油、みりんを入れ、3合のメモリまで水を入れ普段通りにご飯を炊きます。

DSC01682.JPG
2、炊き上がりはこんな感じ。
おこげもついてこのまま食べても美味しいです。

DSC01685.JPG

実はこれ、手軽に出来る焼きおにぎりなんです。
このままおにぎりにして、焼いたり、大葉で包んだり。
spoonのおかず味噌とも相性抜群!
(多めに炊いて、冷凍もできるので、子どものおやつにもピッタリです)
DSC01691.JPG

3、これを好みのサイズに丸めていきます。(今回は12個ほど出来ました)
DSC01687.JPG

4、お肉を少し重ねて2枚敷き、包んでいきます。
DSC01697.JPG
クルッと1周包みます。
DSC01698.JPG
側面のお肉を内側に折り畳んで。
DSC01700.JPG
最後に巻き付ければ完成です。
DSC01701.JPG

5、フライパンに少しだけ油を敷き(分量外)、強めの中火で焼いていきます。
クルクル回しながら、全体に焼き色がついたら取り出します。
DSC01705.JPG

6、同じフライパンに仕上げの調味料を入れ火にかけます。
(今回はおにぎり6個に調味料半分を入れ、2回に分けて仕上げました)
DSC01706-c54e5.JPG
7、調味料の水分が無くなるまで煮詰めていきます。
だんだんと照りが出てきたら完成です。
DSC01709.JPG

ゴマを散らして。。
DSC01727.JPG

1人用のお弁当箱に詰めてみてもいいですよね。
DSC01731.JPG

ロース肉で作るので、冷めても脂っこくならず、程よくボリュームが出ます。
中のご飯にも味がついているので最後まで美味しい味が続きますよ〜。

ちなみに、残ったらこのままラップに包んで冷凍保存も出来ます!

DSC01725.JPG

秋のお出かけシーズンの一品に、是非作ってみてくださいね。

************************

<今回の調味料>
天然出汁
天然出汁(鰹)

食べるおかず味噌

posted by Spoon at 00:01| ほっこりおうちごはん

2020年09月04日

スパイス香るアクアパッツァ

皆様こんにちは

9月に入ってもまだまだ暑さの残る日々ですね。

キッチンに立つのも気分が乗らないな〜なんて時も。

spoonではそんな気分を少しでもリフレッシュできるようなエプロンを提案しています。
matou エプロン
大人サイズから子どもサイズまでご用意できますので店頭でもご覧になって下さいね。
こちらをクリックしていただくと、詳しく掲載しています。

さてさて今回のレシピは「アクアパッツァ」です。


簡単に味が決まる調味料で鯛とあさりの旨みを引き出していますよぴかぴか(新しい)
DSC01567.JPG
前回のレシピ「タコのカルパッチョ」で反響の大きかった塩レモンですが、
「他にどんな使い方がありますか?」
とお問い合わせも多かったので、塩レモンの違った良さをお試し頂けるレシピにしてみました。

そして、もう一つのおすすめ。
数種類のスパイスが絶妙にブレンドされたミックススパイス アンティーブハーブ。すでにリピーターさんも多いスパイスですが、スタッフの私もこの味の奥深さに魅了され「美味しい〜」と食べる度に思わず言ってしまってます笑
DSC01556.JPG
こちらも味の決め手として使っていますので是非参考になさってくださいね。

<用意するもの>
・鯛切り身3切れ
・あさり 1パック
・プチトマト 1パック
・にんにく 1片
・白ワイン 大さじ2
・塩レモン 小さじ1
・ミックススパイス アンティーブハーブ 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・塩胡椒 少々

<作り方>
@鯛に塩レモンをすり込んで1時間ほど置いておきます。
DSC01554.JPG
DSC01555.JPG
あさりも砂出しをしておきます。

Aフライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れ弱火で香りを出します。
DSC01558.JPG

B香りが出たら中火にし、鯛を入れ表面に色がつくまで焼きます。
DSC01559.JPG
DSC01560.JPG

C焼き色がついたらひっくり返します。そこに白ワイン、塩胡椒、あさり、プチトマトを入れます。
DSC01561.JPG

D蓋をして10分ほど蒸し煮にします。
DSC01563.JPG
Eあさりが開いたらアンティーブスパイスを入れ煮汁を回しかけながら一煮立ちさせ完成です。
DSC01566.JPG



DSC01568.JPG

DSC01571.JPG

塩レモンで魚の臭みが消え更に身がふっくら仕上がります。
ふわっとレモンのいい風味も。
そして魚介の旨味を引き立てるこのアンティーブスパイスならではの香りがたまらなく美味しいです。

この美味しさの締めはパスタメロディ
茹でたパスタと煮汁をフライパンでサッと絡めるだけ。
DSC01575.JPG
旨味が全て絡んで絶品です。

DSC01574.JPG


是非お試しになって下さいね。


<今回の調味料>
アンティーブスパイス
ミックススパイス アンティーブハーブ
熟成塩れもん

posted by Spoon at 17:04| オリジナル レシピ