2021年11月06日

土佐酢で簡単☆鮭の南蛮漬け

皆さまこんにちは。

秋晴れの気持ちのいいお天気が続いていますね。
spoonにお散歩の途中に寄っていただく方も多く、「こんなお店だったの知らなかったわ〜」と初めて来てくださる方も。
入るのにちょっと勇気が、、と度々言われますが(笑)
中に入っていただくと面白い調味料で食卓に新発見があること間違いなしですので、どうぞ気軽にドアを開けてくださいね〜。


さて、今回ご紹介する調味料は「土佐酢」です。
土佐酢と言えば、なんとなく使い方が限定されるようなイメージですが、この土佐酢はそのイメージが覆される美味しさ。
鰹節と昆布だしで旨味の濃さが他のものとは比べものにならないほどです。
”飲める土佐酢”とも言われるくらいですが、さすがにそれは、、、と思いながら試飲。
「わおっ美味し!」と思わず私たち2人で言ってました。

夏場は冷やし中華にそのままかけていましたよ。

そして今回出来上がったレシピがこちらです!
「土佐酢で簡単☆鮭の南蛮漬け」です。

土佐酢まほうつゆであっという間に抜群に味の決まる南蛮漬けが出来上がりますので、鮭の美味しいこの季節に是非お試しになってくださいね。

DSC03941.JPG

DSC03939.JPG


<用意するもの>
・鮭  お好きなだけ
・お好みの野菜
(今回は玉ねぎ、パプリカ、セロリを使っています)
土佐酢 100CC
まほうつゆ 10CC
※土佐酢とまほうつゆは10対1の分量で入れています。
材料に合わせた量をこの配合で使ってくださいね。

<作り方>
@材料をそれぞれ切っておきます。
鮭は塩とお酒(分量外)で下処理をします。
DSC03932.JPG

A薄力粉(分量外)を軽くまぶして、油で揚げます。
(揚げ焼きでもいいですよ)
DSC03933.JPG

B切った野菜と、揚げた鮭に土佐酢とまほうつゆを混ぜたものを直接かけます。
DSC03935.JPG

Cこのまま冷蔵庫で漬け込み、お好みの浸かり具合で出来上がりです!
DSC03936.JPG

土佐酢のまろやかな酸味で、鮭もシャキシャキの野菜もどんどん進みます。
DSC03945.JPG

まほうつゆで今回は醤油の風味と塩味を足し全体のバランスを取ってみましたが、土佐酢だけで酢の物や和え物も完成しますので色々な使い方を楽しんでくださいね。
DSC03939-51d6b.JPG

「これ、家ですぐ作ろ」
私たちが食べながら1番にした会話です 笑
DSC03940.JPG


あっという間にきてしまいそうなお正月の”紅白なます”にもこれを使おうと思ってます!

是非ご参考になさってくださいね〜。

***************************
<今回の調味料>





まほうつゆ


posted by Spoon at 17:41| オリジナル レシピ

2021年09月28日

クラッシュハラペーニョdeタルタルソース

皆さまこんにちは!

10月になりましたね。
残暑が厳しいかな、、と予想していましたが気づけば秋らしい気候になり朝夕も過ごしやすくなってきましたね。

さてspoonでは、コロナ禍でも秋の夜長をおうちで楽しんでいただける調味料を取り揃えています。

その中の1つがこの”クラッシュハラペーニョピクルス
ハラペーニョという青唐辛子を使いピクルスに仕上げたものですが、辛さと酸味が絶妙で1度食べるとハマってしまう方も続出。
私もその1人ですが。。笑
そのまま焼いたお肉と一緒に、オリーブオイルでソテーしたお魚に乗せたり、、と使い方は幅広いです。
3つのサイズでご用意しています。
DSC01581.JPG

そして今回はマヨネーズと合わせてタルタルソースにしてみましたよ。
唐揚げとの相性も抜群です!
是非参考にしてみてくださいね。

DSC03674.JPG

<用意するもの>
・お好みの唐揚げ
・マヨネーズ
・胡椒

<作り方>

@唐揚げを用意します。
今回はにんにくや醤油で下味をつけたものを使いました。
DSC03671.JPG
DSC03670.JPG

Aクラッシュハラペーニョとマヨネーズを1対2の割合で混ぜます。
仕上げに黒胡椒を入れたら完成!

DSC03672.JPG

あっと言う間に大人のタルタルソースが出来上がるので、食卓でも作っていただけるのが良いところ!
マヨネーズとの配合も自分好みに!
そして唐揚げだけでなく、スティック野菜やサラダにもよく合いますよぴかぴか(新しい)

DSC03676.JPG

たっぷりのハラペーニョ、そして玉ねぎの美味しい食感が楽しめます!
DSC03675.JPG

オリジナルの使い方を発見してみてくださいねレストラン

DSC03673.JPG


クラッシュハラペーニョピクルス

posted by Spoon at 16:10| オリジナル レシピ

2021年08月28日

spoonだしで作る旨辛海鮮チゲ

皆さまこんにちはぴかぴか(新しい)


雨が続いて、暑さは少し和らいだのも束の間、とても暑い週末になりましたね。
天候の変化もコロナの感染拡大も早く落ち着いてほしいですね。

さて現在spoonではお店の入り口近くのコーナーに辛いもの特集と題して色んなジャンルの辛い調味料を集めていますが、中でも私達の1番のお勧め!が ”赤おろし” です。
唐辛子と塩だけで出来上がったとは思えないほどの奥深い旨みに、spoonのまかないではついつい何にでも赤おろしを添えています。笑 
その美味しさをお伝えすべく、今回のレシピ 「spoonだしを使った旨辛海鮮チゲ」が仕上がりましたので是非参考になさってくださいねレストラン

リピート率のとても高い ”堺味噌”、”spoonだし(海鮮)” も使い更に美味しさを引き立てていますのでそちらも合わせて注目です笑


DSC03620.JPG


<用意するもの>
2〜3人前
・豆腐(お好みで絹でも木綿でも) 1丁
・卵 2個
・あさり 1パック
・しめじ 1/2パック
・ズッキーニ 1/2本
・玉ねぎ 1/2個
調味液@
堺味噌 30グラム
赤おろし 5グラム
・ごま油 大さじ2
・にんにく 生姜(すりおろし) それぞれ5グラムずつ
・白菜キムチ 60グラム

調味液A
・酒 50CC
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ1
(下準備→550CCの水に海鮮だし1袋を入れ、沸騰したら弱火で5分煮出しておきます)


DSC03608.JPG


<作り方>
@調味液@を鍋に入れ、香りが出るまで炒めます。
DSC03609.JPG

Aあさりを入れて混ぜ合わせ、あさりが開くのを待ちます。
DSC03610.JPG

DSC03612.JPG

B調味液Aと具材を全て入れ、野菜に火が通るまで中火で煮込みます。
DSC03615.JPG


豆腐は手でちぎると味が染みやすくなりますよ。
DSC03616.JPG


C卵を割り入れ、お好みの半熟具合で完成です!
DSC03617.JPG

飾りに水菜を散らして。
三つ葉なんかもお勧めです。
DSC03622.JPG


赤おろしは”もみじおろしの素”としての販売になっていますが、今回のように調味液として混ぜたり、お肉やお魚なんかに直接乗せたり、、と幅広く使って頂けます。
ちなみに私たちは素麺のつゆに赤おろしを入れて夏を楽しみましたよ 笑
DSC03607.JPG

同じタイプのかつおや減塩だしも人気ですが、珍しいまぐろ節や宗田かつお節などで作られた海鮮を使うとお出汁の味が一気にグレードアップします!
DSC03605.JPG



海鮮チゲをおうちで簡単に。
コチュジャンを使わず、spoon自慢の調味料で仕上げた美味しさを皆さんもお試しになってくださいね。
シメに麺やごはんを入れて、スープを最後まで食べちゃいたくなりますよ!
DSC03621.JPG






堺味噌




赤おろし


posted by Spoon at 18:02| オリジナル レシピ

2021年07月27日

サンバル枝豆

皆様こんにちは。

リニューアルOPENしました!!

IMG_20210723_124431_484.jpg


沢山の方にお越しいただきありがとうございますぴかぴか(新しい)

広くなった店内をゆっくりとご覧いただけるようになりました。

IMG_20210722_203341_864.jpg

調味料の品も増え、より一層楽しい食卓を演出してもらえるきっかけになると嬉しいです。

そしてエアコンのない空間に興味を持ってくださる方、実際に体感して驚かれる方も多くいらっしゃいました。
私たちもこの仕組みに驚いていますが、室内は丁度いい温度と湿度に保たれとても過ごしやすいです。


さてさて、毎週好評いただいているspoonデリ。
沢山のご予約やお問い合わせがあり、2人では追いつかないほどになってきました。

店舗移転に伴い、以前は曜日限定でお出ししていたデリを毎日お届けできる形へと変更しています。
インスタグラムのストーリーズなどで告知していきますのでご覧くださいねぴかぴか(新しい)

さて、今回はそのspoonデリで人気だったレシピ「サンバル枝豆」をご紹介したいと思います。

DSC03399.JPG
当店で取り扱い中のにんにくオリーブオイルとサンバルソースの2つで簡単にできるレシピになっています。


サンバルソースって何?
と思われる方も多いですよね。
東南アジアの辛味調味料の一つで、その地域では日本のお醤油と同じくらい馴染みのあるものだそうです。
唐辛子ブリッキーヌとアンチョビ、二つの旨味と辛味が詰まった万能調味料に仕上がっているのがこのサンバルソースです。

以前のブログにもこれを使ったレシピを公開しています。

サンバル枝豆はこれからの季節にぴったりの1品ですので是非参考になさって下さいね。

<用意するもの>
・枝豆 100g
・にんにくオリーブオイル 小さじ2
・サンバルソース 小さじ1
・塩 少々(お好みで)

<作り方>
@にんにくオリーブオイルをフライパンに入れ、弱火で香りを出します。

DSC03393.JPG

A枝豆を入れ、絡めます。

DSC03396.JPG

Bサンバルソースを入れ、枝豆をしっかり焼き付けます。

DSC03395.JPG

サンバルソースはこんな感じになってます。
DSC03397.JPG


C仕上げにお好みで塩をして完成です!

DSC03398.JPG


簡単なのに、病みつきになる美味しさなので、是非お試しになってくださいね。
DSC03399-b28dc.JPG

DSC03401.JPG



簡単に枝豆をご紹介しましたが、同じような調理法で海老を使っても美味しく仕上がりますよ〜。

夏のおつまみに最適です!


<今回の調味料>


にんにくオリーブオイル




posted by Spoon at 20:10| オリジナル レシピ

2021年04月23日

春野菜deほっこりポトフ

皆さまこんにちはぴかぴか(新しい)

spoonデリを求めて来て下さる方やお問い合わせも増え、とても嬉しく思います。
デリのレシピに関心を持って下さる方も多く、spoonの調味料の良さをもっと伝えられるものを作っていこうと励みになっています。
ありがとうございます。

こちらのブログでもspoonの調味料を使って、私たちが試作を重ねて作り上げたレシピを丁寧に詳しく載せていますので参考になさってくださいね。

さて、今回のレシピは「春野菜deほっこりポトフ」です。

DSC03023.JPG


すっかり春めいてきた気候ですが、疲れも出やすく体調も崩しやすかったりしますよね。
そんな時に体を温め、胃腸にも優しい一品はいかがでしょう。

骨付き鶏肉を使っていますのでこれだけでメインにもなるのがいい所。
調味料も2つでしっかり味が決まりますので簡単ですよ。


<用意するもの>
2〜3人分
・骨付き鶏肉  1本(300gくらいのもの)
・春キャベツ お好みの量
・人参 お好みの量
・じゃがいも お好みの量
・玉ねぎ お好みの量

野菜のブイヨン 大さじ1
ハーブミックス 小さじ2〜3
・水 1300CC
・塩胡椒 お好みで適量


<作り方>
@野菜をお好みの量で、お好みの大きさに切ります。
DSC03010.JPG

A骨付き鶏肉にハーブミックスをしっかり揉み込んで2時間ほどラップをして置いておきます。
(出来れば前日の夜から揉み込んでおく方が味がより深まります)
DSC03006.JPG


ハーブミックスを含め、新入荷した小豆島の調味料。
DSC02934.JPG

Bフライパンにオリーブオイルを入れ(分量外)、強火で皮目に色がつくまで焼きます。
反対側も軽く焼きます。
DSC03008.JPG

C分量の水を入れた鍋に焼いた鶏肉を入れ、火にかけます。
ここで野菜のブイヨンを入れます。
DSC03009.JPG

D煮立ったら弱火にし、蓋をして30分弱火で煮ます。
DSC03011.JPG

E30分経ったら、そこに野菜を入れ、煮立ったら弱火で更に15分煮ます。
DSC03012.JPG

F完成です!
ここで塩胡椒をお好みで入れて味を整えてくださいね。
DSC03013.JPG


スープには欠かせない野菜のブイヨン
驚くほど味が決まる魔法の調味料です。
DSC03014.JPG


今回はマスタード昆布も添えて、ポトフをいただきます。
鶏肉にもぴったりでしたよ〜。
DSC03018.JPG


テーブルに鍋ごと持っていき、サーブするのもいいですよね。
ほっこりと味が染みた野菜と、旨味たっぷりの骨付きのお肉で心も体も満足するスープです。
DSC03023-5a9be.JPG

DSC03017.JPG


新しく入荷したハーブミックスは、程よいハーブの香りと塩気で素材の下味としても、仕上げにも幅広く使っていただけるものになっていますよぴかぴか(新しい)

春のお野菜を使って仕上げるポトフ、是非お試しくださいね。


************************
<今回の調味料>


やさいのブイヨン



マスタード昆布



ハーブミックス

posted by Spoon at 23:38| オリジナル レシピ