2020年06月15日

簡単揚げ浸しde和パスタ

皆さんこんにちは〜。

梅雨に入り、ジメジメとしますね。

雨の日はお買い物も面倒ですよね。
そんな時にアレンジパスタはいかがでしょう。

味付けも入荷以来とても人気の”まほうつゆ”だけで仕上げていますのでお手軽レシピです。

その前に”まほうつゆ”が気になっている方にご紹介。
前回でも少しお伝えしていますが、いわゆる麺つゆです。
他のものと何が違うの〜?とお店でもよく聞かれます。
ずばり、醤油がキツくない!とがってない!そして甘さが控えめなのでとてもスッキリしています。

素麺や冷やしうどん、、などの麺つゆで使うのももちろん美味しいです。
でもそれだけで終わらせるのはもったいない!と、個人的に思ってしまうほど、
アレンジしやすい1本です。

と、前置きが長くなってしまいましたが。

今日のレシピは「簡単揚げ浸しde和パスタ」です。

IMG_20200608_180201_538.jpg

<用意するもの>
・茄子  好きなだけ

・インゲン 好きなだけ

・パスタ 人数分

・ベーコン 人数分(今回は厚切りのものを1人前20〜30グラムほど使っています)

・にんにく 好きなだけ(今回はパスタ1人前で1/2かけほど使っています)

・まほうつゆ 好きな量(作り方で詳しく説明します)

・キャベツなどの野菜 お好みで

<作り方>
1、茄子を1.5センチ幅(大体でok)に、インゲンを(上下のヘタを切ってから)1/2本に切ります。
DSC00939.JPG

2、茄子に塩をパラパラとかけておきます。
これをしておくと中から水分が出て、余分な油を吸収しにくくなります。
DSC00940.JPG

3、フライパンに多目の油を入れ強めの中火で温めます。(1〜2センチほどの量でok)
茄子の表面の水分をキッチンペーパーで拭き取りながら温まったフライパンに入れていきます。
DSC00947.JPG

4、一旦フライパンの油を茄子が吸収しますが、しばらく揚げ焼きしていると茄子から油が戻ってきます。
油がしっかり戻り、表面に薄く焼き色がついたら取り出します。
DSC00949.JPG

5、そのまま同じフライパンにインゲンを入れ、サッと火を通します。
(インゲンはきれいな緑色になり、表面に軽くしわが入ったときが出来上がりのサインです)
DSC00944.JPG

↓こんな感じですよ〜。
DSC00946.JPG

6、まほうつゆ登場。
容器に移した茄子とインゲンに直接かけます。
DSC00948.JPG

7、少しの量でも味がしっかり入るので、容器の底が浸るくらいで大丈夫。
ここで味が濃いと思われる方はお好みで希釈してくださいね。
DSC00950.JPG

8、揚げ浸し完成!もちろんこのまま一品として食卓へ・・・。
DSC00960.JPG

9、さて、ここからはアレンジパスタ。
フライパンにオリーブオイル(分量外)、にんにく、ベーコンを入れ炒めていきます。
DSC00951.JPG

10、キャベツを入れて炒めます。
(今回はキャベツを入れましたが、水菜や新玉ねぎなどもおすすめ。揚げ浸しとの食感の違いが美味しさを引き立てます)
DSC00953.JPG

11、揚げ浸しで使ったつゆを好みの量、直接入れます。
DSC00954.JPG

12、茹でたパスタと絡めて出来上がり!
DSC00956.JPG


たっぷり盛り付けて。
仕上げに黒胡椒をかけました。
IMG_20200608_180201_537.jpg

スッキリとした麺つゆに、にんにくとベーコンの香り、揚げ浸しした野菜のコクのバランスを是非味わって欲しい一品です。

夏野菜が美味しくなっていくこの季節。
揚げ浸しを沢山作りすぎちゃったな〜なんて時にも活用してみてくださいね。


******************
今回の調味料

まほうつゆ

まほうつゆ

こちらもおすすめ。
まほうだし

まほうだし


posted by Spoon at 12:33| ほっこりおうちごはん

2020年05月24日

トマトチキンスープ

こんにちは。

今日もブログに訪問してくださりありがとうございます。

以前に公開した”基本のトマトソース”を「簡単でとっても美味しかったよ〜」と、嬉しい感想を頂いたので今回も
アレンジレシピを選んでみました。

「トマトチキンスープ」です。
圧力鍋を使った時短料理なのに味わい深い一品です。


DSC00716.JPG

<用意するもの>
2〜3人分

・基本のトマトソース 350ccほど
 (基本のトマトソースは1回で約500cc出来る量になっています)

・鶏もも肉  1枚(250〜300グラム)

・キャベツ 1/4玉(大まかな量で大丈夫)

・大根 1/5本(大まかな量で大丈夫)

・完熟トリイソース 大さじ1

・野菜のブイヨン 小さじ1/2(お好みで)

・塩胡椒 少々

<作り方>
1、鶏もも肉(大き目の一口大)、キャベツ(ざっくりと)、大根(2センチほどの角切り)を切る。
DSC00700.JPG

2、圧力鍋にオリーブオイル大さじ1(分量外)を入れ、中火で表面が白くなるまで炒め塩胡椒を振る。 
DSC00702.JPG

3、中火のまま大根とトマトソースを入れ、ざっくりと混ぜ合わせる。
DSC00703.JPG

4、キャベツをいれ、同じように混ぜ合わせたら、蓋をし、7分加圧する。
DSC00704-fec1c.JPG

5、自然放置し、圧力が下がったら完熟ソースを混ぜ合わせ完成!
(このとき、味を見て、コクが足りないようであれば、材料の所の野菜のブイヨンで調整してくださいね)
DSC00707.JPG


ゴロっとした具材が口の中でホロホロと崩れていく感じがたまりません 笑
DSC00716-31597.JPG


器を変えると雰囲気もグッと変わるので、持ち寄りお家ランチなんかにもおススメですよ〜。
DSC00723.JPG


鍋の中で具材を少し混ぜ崩し、チーズをかけてグラタン風に。
パンに乗せてもとっても合います。
DSC00752.JPG

是非お試しくださいね〜。


*************************
今回の調味料

やさいのブイヨンやさいのブイヨン



完熟ソース完熟ソース
posted by Spoon at 12:26| ほっこりおうちごはん

2020年05月18日

温つけ素麺

皆さんこんにちは〜。

ほっこりおうちごはんの掲載も4回目になりました。

レシピがお役に立てていたら嬉しいです。
参考にして下さった方、お店にいらした際には是非感想を教えてくださいね。

今回は新しく入荷した”まほうつゆ”を使った簡単レシピを紹介します。

”まほうつゆ”と言えば、、、そうです!spoonでも入荷して以来とても人気のある”まほうだし”のシリーズです。

まほうつゆは味がとてもスッキリした麺つゆです。

素麺のつゆとして使えるのももちろんですが、暑かったり、肌寒かったりする季節の変わり目にピッタリのレシピをご紹介しますね。

「温つけ素麺」です。

DSC00690-de04b.JPG

<用意するもの>
2〜3人前

・お好みの野菜 各40グラム程度ずつ
(今回は人参、大根、玉ねぎを使っています)

・お好みのお肉 80グラム程度
(今回は鶏もも肉を使っています)

・油揚げ 30グラム

・まほうつゆ 100cc

・鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ2

・水 700cc

※野菜について 
冷蔵庫にある野菜、意外と何でもイケます 笑
ごぼうや白菜、きゃべつなどなど、色々試してみてくださいね。
火の通り具合が同じになるよう、切り方はなるべく揃えて。

※お肉について
鶏もも肉、鶏ひき肉、豚ひき肉が合うと思います。
選ぶお肉によって仕上がりの味わいが変わってきます。
好みを見つけてくださいね。
ちなみに、鶏肉ならあっさり、豚ひき肉ならしっかりしたつけ汁になります。


<作り方>
1、具材をそれぞれ切ります。 
DSC00680-a15dd.JPG

2、鍋にサラダ油小さじ1を入れ、中火でお肉を炒めます。
DSC00681.JPG

3、お肉の表面の色が変わったら、野菜を入れてサッと炒めます。
DSC00682.JPG

4、油揚げ、まほうつゆ、鶏がらスープの素、水を入れ、強火にします。
DSC00684.JPG

5、煮立ってきたら弱火にし、6分ほど煮込んだら完成。
DSC00685.JPG


6、お椀に盛り付け、茹でた素麺、薬味と一緒に。
DSC00687.JPG


素麺にお出汁が染みて美味しいーーーっ。
DSC00690-982e2.JPG

ピリッと辛さの効いた一味を入れるのもおススメです。
DSC00692.JPG


我が家の子どもたちも大好きなこの温つけ素麺、パパッと出来て栄養も取れるのでお昼ご飯にいいですよ。


是非お試しくださいね。


まほうだしのレシピはこちら

******************
今回の調味料

まほうつゆ

まほうつゆ

Barjac spice 一味唐辛子

一味唐辛子
posted by Spoon at 14:11| ほっこりおうちごはん