2022年11月26日

塩レモンde爽やかレモン餃子

皆さまこんにちは。
すっかり冬らしくなってきましたね。
と同時に迫ってくる師走。

毎年の事ながら、もう少し待ってと思う12月。
気忙しい中での食事作りも大変ですよね。

そんな時に手軽に作って頂けるボリュームレシピ ”塩レモンde爽やかレモン餃子 ”はいかがですか?

DSC05322.JPG

材料もシンプル、そしてニンニクなどを使っていないのでお昼ご飯にも大丈夫!
塩レモンは、レモンを塩で長期熟成させた調味料でレモンの酸味と塩味が重なってまろやかに仕上がっています。
お肉の臭み消しになり、そして爽やかなレモンの香りが奥深く香る餃子が出来上がります。

食べる際にはspoon定番の人気調味料 ”柚子ペーニョ”  をつけながら。
柚子とレモンの爽やかな味わいをお楽しみ頂けます!

DSC05320-a9205.JPG

<用意するもの>餃子約20個分
・豚ひき肉  200g
・ネギ  15g
塩レモン  5g
・醤油  10CC
・片栗粉  大さじ1
・餃子の皮  20枚ほど
(焼く時)
・米油  大さじ1
・水  80CC〜100CC

DSC05311.JPG


<作り方>
@ネギは小口切りにします。
豚ひき肉、ネギ、塩レモン、醤油、片栗粉をボールに入れ混ぜます。
DSC05313.JPG

こんな風に粘りが出たら完成。
DSC05314.JPG

A餃子の皮に包みます。
中身の量はお好みですが今回は1個が20グラムほどの量になっています。
DSC05315.JPG

B米油(他の油でもOK)をフライパンに入れ、餃子を並べます。
DSC05316.JPG

C水を入れ、火に強火にかけます。
沸騰したら蓋をして中火で10〜13分ほど焼きます。
DSC05317.JPG

完成!!
DSC05320-93bf9.JPG


柚子ペーニョにつけると柚子胡椒の香りと、塩レモンの香りが絶妙なハーモニーです!
他の調味料は何も要らない大人の美味しさにぴかぴか(新しい)
DSC05324.JPG



私たちイチ推しの食べ方でいつもとは違う餃子を楽しんでみるのはいかがですか。
人が集まる時などにみんなでワイワイ包むのもいいですよね。
是非お試し下さいねぴかぴか(新しい)

<今回の調味料>

熟成塩レモン
熟成塩レモン

柚子ペーニョ
柚子ペーニョ


posted by Spoon at 17:56| オリジナル レシピ

2022年09月16日

spoon海鮮だしde茄子と豚の煮浸し

皆さまこんにちはぴかぴか(新しい)

日中の気温の高さはまだ残るものの、秋空が広がってきましたね。
野菜もそろそろ秋野菜に変わってきていますね。

そこで今回は秋茄子を使って煮浸しを作りました!
オクラと豚肉も合わせてボリュームのある一品に。
夕食のメインにもなりますよ。

レシピでは鰹だしではなく、海鮮だしを使っています。
海鮮だしならではの贅沢な味わいになっていますので是非ご参考になさって下さい。

DSC05143.JPG

<用意するもの>
・茄子  2本
・オクラ 4本
・豚ばら肉(今回は豚バラ切り落とし肉を使っています) 300g
spoon海鮮だし  1袋
・醤油 25CC
・みりん 25CC

DSC05128.JPG

<作り方>
@海鮮だしを取り、調味料を入れます。

DSC05131.JPG

Aオクラはガクを取り、塩で板づりをしたら2分茹でます。
DSC05129.JPG

DSC05130.JPG

B茄子はグリルで焼きます(皮が黒くなり、中にしっかり火が通るまで) 
DSC05134.JPG

Cオクラは半分に切り、茄子は皮を剥いて4等分に切ります。 
DSC05136.JPG

Dフライパンに油(分量外)を少し入れ、豚肉の表面に色がつくまで炒めます。
DSC05133.JPG

E茄子と豚バラ肉を入れ、中火で10分、オクラを追加して中火で5分煮ます。
そのまま冷まします(冷める時間に味が中に染みていきます)
DSC05138.JPG

F中身をお皿に盛り付けたら、残りの汁に片栗粉でとろみをつけます。
DSC05140.JPG

G盛り付けてある具材の上からたっぷりとかけて完成です!
大葉や糸唐辛子を添えて。
DSC05143.JPG

この海鮮だしにはマグロ節を使っているので、鰹とはまたひと味違う深いコクと旨味が味わえます!
煮浸しもワンランク上の上品さで仕上がりますよ。
DSC05146.JPG

焼き茄子の香ばしさに豚肉の旨味が染み込み、ごはんにもお酒にもぴったりのおかずになりました!
DSC05142.JPG

是非お試し下さいね。
DSC05147.JPG


他にも海鮮だしを使ったレシピをブログでご用意しています!
是非ご覧下さい!


<今回の調味料>

spoon海鮮だし
spoon海鮮だし
posted by Spoon at 16:09| ほっこりおうちごはん

2022年07月15日

バーニャカウダソースde彩りパスタ

皆さまこんにちは。
いよいよ夏本番になりましたね。

暑い暑い夏、キッチンで料理する時間も出来るだけ短縮したいところ。
簡単に、見た目も美しく、そして何より美味しい!
それを叶えてくれるソースがこちら ”北海道バーニャカウダ” ですぴかぴか(新しい)
DSC05003.JPG

バーニャカウダと言えばスティック野菜やバケットをディップして食べる使い方がメインですが、
実は使っている材料はパスタのソースにぴったり!
刻まなければならないニンニクも、旨味の隠し味のアンチョビも入っているんです。
と、言う訳でこれを使えばあっという間に味の決まる簡単パスタが完成しますexclamation×2

DSC05001.JPG


<用意するもの>
2人分
・お好みの野菜
(今回はブロッコリー、ミニトマト、ズッキーニ、コリンキー、ベビーリーフを使っています)
・パスタ 160gほど
野菜のブイヨン  小さじ1/2

DSC04994.JPG

<作り方>
@パスタを茹でます(1リットルのお湯に15gほどの塩が美味しく茹で上がる目安です)

A茹でている間に野菜をソテーします。
フライパンにオリーブオイル(分量外)を入れます
火の通りが遅い野菜から順番に。
全てを入れたら塩(分量外)を少々振ります。
DSC04995.JPG

DSC04996.JPG

B茹で上がったパスタ、北海道バーニャカウダ野菜のブイヨンを入れ混ぜ合わせます。
DSC04998.JPG

Cベビーリーフも添えて完成です!
DSC05004.JPG


ご家庭にある夏野菜と是非コラボして色んな味わいを楽しんでみてはいかがでしょう。
(お客様から頂いたコリンキー。食感がパスタととてもよく合います。お勧めですexclamation

今回はspoonで人気のパスタも使いましたよ!
このパスタは小麦の味わいのしっかりした、時間が経ってものびにくいのが特徴です。
こちらも店頭でご覧になって下さいねぴかぴか(新しい)
DSC05002.JPG


****************************
<今回の調味料>
北海道バーニャカウダ

北海道バーニャカウダ

野菜のブイヨン

野菜のブイヨン

マシャレッリスパゲッティーニ
マシャレッリスパゲッティーニ
posted by Spoon at 16:38| オリジナル レシピ

2022年05月10日

焼肉ソースde春キャベツの炒め物

皆さまこんにちは。

気持ちのいい新緑の季節。
梅雨に入るまでの間は心地よく過ごしたい所ですね。

野菜も端境期を迎え、夏野菜に入るシーズンまでの間はレシピにちょっと困る時期。
そして今年はじゃがいもや玉ねぎの高騰!
驚くほど価格が上がり、買い物に困りますね。
そんな時は季節野菜で美味しく、簡単にそしてリーズナブルに楽しみたい所。

今回は春キャベツを使ってあっという間に完成するレシピを作りました!
DSC04740.JPG
spoon定番の焼肉ソースで簡単に味が決まるので、他の炒め物にアレンジもして頂けますよぴかぴか(新しい)


<用意するもの>
・春キャベツ 1/4玉(250g)
・いか  200g(今回はベカを使っています)
焼肉ソース  大さじ1と1/2
まほうつゆ  小さじ2
・黒胡椒(お好みで)


DSC04723.JPG


<作り方>
@フライパンにサラダ油を少々入れ、キャベツを炒めます。
DSC04725.JPG

Aキャベツがしんなりしたら、イカを入れサッと炒めます。
DSC04726.JPG

B焼肉ソースとまほうつゆを混ぜたものを回し入れ、炒めます。
DSC04728.JPG

C完成!
DSC04731.JPG


黒胡椒でアクセントをぴかぴか(新しい)
DSC04739.JPG


BBQのシーズンに最適な焼肉ソース。
焼肉だけでは少し残ったりしますよね。
このソースは生姜のアクセントで、お肉や魚介の臭みも飛ばしてくれるので炒め物にもぴったりです。
さらにまほうつゆで味をグッと引き締めて、いつもの炒め物を作ってみてはいかがですかぴかぴか(新しい)
DSC04734.JPG


子どもから大人まで楽しめる味ですよ!
DSC04739-d0ac1.JPG


是非お試しくださいね。

レシピは店頭にもご用意してます。


<今回の調味料>

まほうつゆ

まほうつゆ


焼肉ソース
焼肉ソース


posted by Spoon at 17:37| ほっこりおうちごはん

2022年03月13日

苺とトマトの絶品カプレーゼ

皆様こんにちはぴかぴか(新しい)

暖かい日が少しずつ増えてきましたね。
そんな気候には爽やかなサラダが欲しくなります!

そこで今回ご紹介するのは、”苺とトマトのカプレーゼ”です!
旬の苺を使って、切るだけでお洒落に仕上がるこのレシピ。
こちらは食卓でも仕上げていただけるほど簡単な調味料を使っています。

美味しいからこそ、シンプルな材料で味がこんなに簡単に決まるんだな!!
と、調味料を取り扱っている私たちが再実感したレシピですぴかぴか(新しい)
このまま最後までお付き合いくださいね。

DSC04473-7f612.JPG


<用意するもの>
・苺   好きなだけ
・ミニトマト   好きなだけ
・モッツァレラチーズ  好きなだけ
・白バルサミコ酢  お好みの量
・オリーブオイル  お好みの量
(※今回はこの白バルサミコ酢とオリーブオイルを1対1の量で使っています)
・塩  お好みの量
・胡椒  お好みの量


<作り方>
@材料を好きな形に切って盛り付ける。
A白バルサミコ酢とオリーブオイルを混ぜる。
(酢とオリーブオイルの対比で酸味やまろやかさを調節できるので、お好みでブレンドして下さいね)
B塩、胡椒をサラダに直接かけ、Aをまわしかければ完成です!


今回使った調味料はこの4つ。
白バルサミコ酢
エキストラバージンオリーブオイル
ソルトゲラント
ブレンドペッパー

DSC04463.JPG

この4つの調味料1つ1つの完成度がとても高いので、シンプルながらもかけるだけであっという間に
「美味しい!!!」が味わえちゃいます。
水分の多い苺とトマトに不思議なほどあっという間に馴染み、それぞれの甘みや香りを引き出してくれます。
思わずニッコリとなる絶品大人のカプレーゼを是非お試し下さいね。

DSC04474.JPG


<今回の調味料>
ラグーソエキストラバージンオリーブオイル

白バルサミコ酢

白バルサミコ酢


ソルトゲラント

ソルトゲラント


ブレンドペッパー

ブレンドペッパー
posted by Spoon at 17:11| オリジナル レシピ